グレーゾーン金利

スーツの男性

まずは、過払い金を生む仕組みだったグレーゾーン金利について解説して行きましょう。誰かにお金を貸すことを事業として行なっている貸付業者の場合、貸したお金に利息をつけて、貸したお金より返してもらうお金の方が増えるおかげで、儲けることができる、というのは御存知の通り。しかし、その金利を好き放題つけていいとなると、むちゃくちゃな金利を要求して、借りた人を破綻させてでもお金儲けをしようという人が多くなってしまいます。そこで、法律で「設定してもいい金利」についての上限が定められています。一般的に融資を受ける際には、「利息制限法」という法律の制限が適用されます。これは額によって、15~20%程度という設定になっています。しかし、消費者金融などの貸付業者は、この他にある「出資法」という法律で定められた「29.2%」という決まりを根拠に、20%以上の金利で貸付をおこなっていたのです。そうして発生した裁判の結果、最高裁判所は、利息制限法によって決まっている額以上の金利を支払うためのお金(これが過払い金です)は、返還しなければならない、と判断しました。これによって、高い金利でお金を借りていた人については、過払い金を請求することができるようになったのです。